スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 

 養老孟司さんの「バカの壁 第2章脳の中の係数」で、脳の機能に関する記述があり、入出力のメカニズムを一次方程式 y = ax で現されている。この一次方程式を使って、一つの事象について、どうして、異なる見方が発生するのか考えてみた。
 2006-01-28の『密室の佐分利公使』で、同公使の死について、二つの見方があることを書いた。一つは、佐分利公使の死を「他殺」と考えるのは無理があり、「自殺」説をとる(昭和ラプソディ)。もう一つは、松本清張氏の見解で、「他殺と推定したい」ということである。
 入力 x が同一とすると、係数 a の違いとなる。それでは、a は?と考えると、一次方程式だから簡単に a = y /x となるが、さて?並みの数学処理では解は得られないようである。
 そこで、a を「自殺説容認度」とおいてみると、どうやら解けそうである。昭和ラプソディ説ではこの a が+即ち、「これは自殺なんだよ!」という先入観があるのではないか。この背景には、当時の屍体検案書がある。これに反し、松本清張説は、-、即ち、「自殺とされているが、いろいろ検証してみると自殺とするには疑わしいことが多い」と考えればよいことになる。
 ここでは、あえて、「入力 x が同一」とした。この理由は、同一の事象にたいし、個々の脳内係数が異なるので、結果の異なる見方が生じることがあるということを証明したいからである。即ち、十人十色であるといいたい。養老先生の言われるとおり、a が零であれば、無関心となる。
 ライブドア事件に絡み、ライブドアによる企業買収にかかわったとされるエイチ・エス証券の野口英昭副社長(38)が18日午後、那覇市内で死亡した。自殺と19日に報道されている。自殺と断定するには少し早すぎはしないか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。