スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和16年 

2005/06/02-09の記事を引越しさせたものです。



小学校時代 戦争と疎開
小学校入学は、昭和16年(1941年)4月。その年の12月8日、日本が米国に宣戦布告し、アジア・太平洋戦争が始まった。既に欧州ではドイツが宣戦布告し、枢軸国の日本が対米宣戦布告をしたことにより、この後は、第二次世界大戦と称されているが、当時我々は、大東亜戦争と教えられていた。

翌、1942年4月18日、神戸では、初めて米軍機による空襲があった。このときの空襲は、余り良く覚えていないが、B17が1機来襲というもので、本格的な空襲は、2年後に激しくなったと記憶している。神戸港は、軍港であり、又、軍需工場が多くあった関係で、攻撃の的となったのであろう。子供たちは、危険を避けるため、個人的な縁故疎開、若しくは学校からの集団疎開で、神戸を離れるようになった。私は、4年生のときに、岡山県の笠岡駅から、軽便鉄道で、終点井原駅へ、更に4キロほど歩いた先の、芳井町へ集団疎開した。宿泊地は十輪院というお寺であった。
group-sokai-photo

この写真は、当時一緒に疎開していた、友人から昨年(2004年)末に送ってくれたものです。

小学校ではなく、国民学校!
先に、昭和16年4月に神戸市立摩耶小学校入学と書いたが、その後、この年の前後について、調べていたところ、どうやら、自分は、小学校には入学も卒業もしていないことが分かった。国民学校について、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)で調べた結果、国民学校令が昭和16年勅令第148号に基づいて作られ、同年4月から施行、昭和22年法律第26号に基づく、新制の小学校に変更されるまで存在したのである。というわけで、丁度この6年間存在した国民学校に入学・卒業したのである。この頃の同期生と話をしたことがあるが、小学校に入学、途中で、国民学校になったとの意見が大方であったが、事実はこのとおりであるので、訂正する次第である。

昭和15年、紀元2600年(1940年)に提灯行列が神戸で行われた。インターネットで検索の結果、-『神の赤子』になり損ねた小国民物語-というサイトで、昭和15年(1940)11月10日に政府主催の奉祝会が挙行され、この一環として、神戸の街で、提灯行列が行われたことが判明した。このときの、奉祝国民歌『紀元二千六百年』という歌が脳裏を離れなかった。歌詞は、一番から五番まであるが、その一番を引用する。

『金鵄輝く日本の 栄えある光身に受けて、今こそ祝えこの朝 紀元は二千六百年 あゝ一億の胸はなる』

この替え歌に、『金鵄あがって十五銭、はえある光三十銭、いまこそあがるタバコ代、紀元は二千六百年 ああ一億の金は減る』というものである。この時代は、戦後ほどひどくは無いものの、相当のインフレ時代であったようである。

疎開先へのツアー
2005年、集団学童疎開仲間の多い、中学校、高等学校の同期会が開催された。それほど数多くはいないものの、やはり、この時代がなつかしく、疎開先を訪れた人が結構いた。
そこで、みんなで来年ツアーを組んで旅行しようということになった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。